未分類

私が剛毛ゴリラから人間になるまでの軌跡

フルーツを食べるゴリラ
先祖代々沖縄出身。もちろん両親共に沖縄出身。
私は生粋のうちなーんちゅです。
地元愛は強いです。沖縄に生まれたことに誇りを持っています。

ただ、毛深さだけは、遺伝してくれなくても良かった。

ちぇるちぇるランドの王子が体毛を「琉球魂」と称していましたが、私の体にもその魂がしっかり受け継がれました。

しかし!!!
現在の私は!!!!
ツルツルです!!!!!!

小学生の頃に好きな男子からゴリラと呼ばれた私が、人間のメスになるまでの軌跡をお届けします。

ついたあだ名は剛毛ゴリラ

沖縄=毛が濃いってイメージ持たれがちですよね。
確かに顔も体毛も主張が激しいのだと思います。

私の両親もハッキリ目の顔立ちで、特に父はハーフと間違われるくらい濃ゆい顔です。
ちなみに欧州ではなく東南アジア系の濃ゆさですよ。

二人の愛の結晶として誕生した私は、見事に遺伝子のパワーを証明しました。
ただ顔立ちだけでなく、父の毛深さも受け継いだようです。

小さい頃は気にしていませんでしたが、小学校に上がり初恋を経験した頃、その悲劇はやってきました。

「お前って俺より毛濃ゆいな!」
当時好きだったタケシ君(仮名)が放った一言です。

私くらい腕や足の毛が目立つ女子も何人か居たと思いますが、確かに私は明らかに濃い体毛を持っていました。
近くにいた男子も「だよな!」「男みたいだな!」と賛同し始めて、私は体育の授業中に咽び泣く事態になったのです。

それから毛をイジられるようになり、いつの間にか剛毛ゴリラと呼ばれるようになりました。
子どもって残酷ですよね(´・ω・`)

当時はすごく悲しくて、それを上回るくらい恥ずかしかったです。
肌を見せるのが恥ずかしくて、中学に上がるまでずっと長袖・長ズボンを好むようになりました。

ゴリラはムダ毛処理を覚えた!

小学5年生かな?高学年になり、周りにはムダ毛を剃ってくる子も多くなりました。
ツルツルの足が羨ましくて、私も真似したかったのですが、母には「小学生には早い」と一蹴されました。

今思うと肌荒れや怪我の可能性もあるし、母がいい顔しなかったのも納得できます。
が、当時は一刻も早くゴリラを卒業したかったので、絶望しかありませんでした。

そして中学生になったタイミングで転機が訪れます。
思春期真っ只中でムダ毛を気にする私を不憫に思ったのか、母がやっと毛剃りの許可をくれたのです!!

その日のうちにせっせと手足のムダ毛を処理しました。
ちなみに使用した父のカミソリは毛が絡まってダメになりました。

私って結構肌白いんだ・・!!
ムダ毛が無くなった時、やたらハッキリ見える素肌が白かったことに感動したのを覚えています。

それから私の生活にムダ毛処理という作業が追加されたのです。

剃ったムダ毛が凶器に変身

幸い肌が強かったのか、カミソリで処理しても肌荒れすることはなかったです。
小学生の頃は毛を気にして長袖を好んでいましたが、中学からはタンクトップなども着れるようになりました。

しかしムダ毛による悲劇はまだ続きます。

友人と遊んでいる時、半袖を着ていた私と友人の腕が軽く触れました。
「えっ、何!?痛い!!」
突然声を上げた彼女。

なんと私の腕の処理済みムダ毛が、彼女を攻撃したのです。
「パパのおひげ痛い~!」と同じ状況が、私と彼女の間で作り出されたのです。

その場で謝りましたが、友人の方が申し訳なさそうでした。
今ではネタですけどね。

時を経てついに脱毛!

琉球魂を身に宿したまま中学~高校を卒業し、大学に通い始めた頃。
よく脱毛サロンの広告を目にするようになりました。

大学の友人の中にも脱毛をしている子がちらほら。
紹介キャンペーンで安く脱毛できると聞き、ついに私がゴリラから開放される時がやってきたのです・・!

キャンペーンの内容は記憶にないものの、かなりお安くワキ・VIOの脱毛をしてもらえました。
バチバチと痛かったのはよく覚えています。
あと明るい場所でお姉さんにアンダーヘアを直視されるのは精神的なつらさがありました。

初めての脱毛から1週間程度経った頃かな。
伸びてきた毛を摘むと、スルッと抜けたんです。
それから脱毛した部分がツルツルになりました。

もう、感動の一言に尽きる。
カミソリで剃ると凶器に変身したムダ毛が、そこに存在していなかったかのように消えたのです。

私は思いました。
全身脱毛しようと。

大学に通いながらアルバイトをしていたので、脱毛のためにお金を貯めました。
さすがに親に脱毛代を払ってもらうのは心苦しいし、自分でなんとかしたかったので。

二十歳の誕生日を迎えた頃に同じサロンへ行き、全身脱毛コースを契約!
ちなみにムダ毛が濃い人は10回以上の脱毛が必要になると聞き、12回コースを選びました。

3ヶ月に1回の頻度で脱毛サロンに通い、大学を卒業して就職した頃にコース完了。
ただ処理が不要とまでは行かず、部分的にはまだムダ毛が残っていました。

それでも明らかに薄くなったムダ毛。
子どもの頃からの悩みが解消され、かなり嬉しかったです。

タケシ君。私、人間になったよ。

実は現在も脱毛に通っています

大学時代に受けた脱毛ですが、何年か経つと若干またムダ毛が生えてきてしまいました。
エステサロンの脱毛は医療脱毛に比べて効果が弱く、完全に毛を無くすことは出来ないのだそうです。

実は1年半ほど前から、退職後も仲良くしている元同僚の勧めで、SHR脱毛という最新式の脱毛を受けています。

SHR脱毛は毛を作る器官(細胞)にダメージを与えるそうです。
沖縄ではあまり導入されていませんが、県外ではすでに専用の脱毛サロンも展開されています。

私は6回ほど施術を受けましたが、もう、まじで生えてきません。
一切処理不要です。

この技術がもっと早く誕生してくれていれば、迷わずSHR脱毛を選んでいました。
それくらいスゴイです。

沖縄出身の女性には、私と同じくムダ毛に悩んでいる方も多いでしょう。
でもご安心ください。
ムダ毛は駆逐できますし、ゴリラだって人間になれますよ。

ブログのネタとしてはいい感じですかね。
若干の黒歴史もありますが、脱毛に関してはホントにやって良かったと思います。